« 愛VS愛 | トップページ | 反芻育児 »

2006年7月 7日 (金)

それぞれのツトメ

ママ友達も順調に増えた今日この頃。

 

いつのまにか人生相談窓口、開設する運びに。

ツマハハオンナ。

みーんな、物足りない何かがあって。

みーんな、人生背負ってお砂場だって。

 

以前、セレブかよ、オイ?ってな、お友達が。

ヘソクリ貯めて、家一軒って話。

 

その彼女には、知覚障害の弟さんが居て。

二人兄弟なんだって。

この結婚だって、「出来ると思ってなかった」らしくて。

今は自分の親が、元気に弟の面倒見てっけど。

親って、先に逝くじゃね?

したらさ、弟どうなるんだ、って、考えて考えて。

そんで、ヘソクリ貯めてんだって。

他の皆は知らねえ話で、それなりに面白おかしく、

家一軒分のヘソクリセレブな話にしてっけど。

現実は、涙ナシじゃ聞けない話だった。

家一軒分、ヘソクッてんのは、実弟のタメ。

なんだかなあ、アネノツトメを見たようで。

のほほん、微笑み絶やさねえで、お茶シバいてっけど。

シバいてたのは茶だけじゃなくて、違う次元で、

自分の性根もシバいてた。

 

そんでな。 他のママ友達は。

お兄さんの妻が、ちょいとヒステリーで。

子供にもさ、お昼ご飯つって、カロリーメイト一本。

悪い事すっと、子供と口きいてやんねえ。とかな。

子供が、大人の顔色窺いながら生活してんだって。

それって、躾じゃねえじゃね?

虐待に近いだろがよ。

どうにかしたい。でも、お兄さんの嫁で。

お兄さん、何してんのって、会う度に喧嘩だって。

泣きながら、声詰まらせながら打ち明けてくれた。

けどさ。

お義姉さん、鬱病持ちで、何回も入退院繰り返してて。

実家に助けを求めたり、専門機関に相談したり。

子供はね、そんでも、お母さん大好きだからって。

お母さんがお母さんらしく居てくれんのが、ウレシイんだって。

小学校4年の子が、作文に書いてたって。

だから、周囲が身内が援助して、支えて頑張ってんだって。

結婚しても、イモウトノツトメやってんよ。

 

言葉が出ない、少ない3歳児の男の子持つ、お母さん。

男の子はゆっくりさんって言うからねえ、つって。

のーんびり構えてたはいいけども。

三歳と、半年近いのに、「さしすせそ」が言えない、って。

そんな、彼の宝物、ムスコが、目ざとく見つけて。

貸してって、言葉もまだ出ない、1歳児。

宝物に突進してっと、宝物小脇に抱えて、行っちゃって。

「貸してあげなよ?小さい子には優しくしようね」って、お母さん。

必死に教えてたけども。

 

したらさ。

キレイな、小さな白い石ころを、ムスコにくれて。

トラのキャラクターで、有名な、ビデオ教材の中のお話に。

「貸してって、言われたけど、やっぱり貸せない ごめんね。

 だけど、君の為に、白い石を見つけてきたんだ。

 キレイでしょ、はい、どうぞ」 って、のがあるらしくて。

言葉はなくても、ちゃーんと、ムスコの手の平に握らせて。

 

お母さんは、

「小さい子だから、石ころお口に入れちゃうでしょ?

 ごめんなさいね、悪気はないの」 って、ビデオの説明を。

その後、続けて。

「言葉が出ないから、動きにしか意思表示が表れなくて」 って。

言葉は出なくても、ちゃーんと思いやりや、協調性育ってる。

 

貸したくない、だけど、泣いてる。 

何か、してあげなきゃ。 小さい子だから、優しくしよう。

 

3歳で、こんなに言葉が少ないなんて。

まだ、赤ちゃん語が抜けてないの?

おっとりしてるのかな?

そんな言葉に、必要以上に傷付けられる。

 

どこかに異常があるんじゃないかと。

他の子と違う。

たったそれが、一箇所でも。

たったそれが、一瞬でも。

母親は、考え込む時がある。

悩んで、迷路の奥深くに、時として自らを招いてしまう。

我が子を、大切に思えば思うほど。 苦しんでしまう。

 

誰かを大切に思う、大事なもんが、心から溢れて、白い石ころ。

ムスコの手に平に乗った、小さな石ころを見て。

優しい心を、育てよう、言葉が遅くても、今は心が一番って。

ここにも、ひとり、ママノツトメ、根性入れてやってんなって。

 

それぞれが、それぞれの置かれた環境で。

それぞれの、ツトメを果たしてる。

やりたくねえことも、聞きたくねえことも、言いたくねえことも。

無意識のうちに、誰かのために。決して、自分を、じゃねえ

大事な何かを、守るために。

そんで、それが、女だからこそ、可能な時もあって。

女でしか、気付けない何かもあって。

それらを、意識せず、ツトメてる。 

女って、格好いいやろ。イケてるやろ。

さ、明日も気合入れて、女で、いよう。

気合入れて、女で居たい、に賛同の方。
気合の入った女が好き♡、な方。

さ、投票ボタンです。
   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

|

« 愛VS愛 | トップページ | 反芻育児 »

コメント

押した押した♪

明日はホール職人見習いもオツトメです♪

投稿: いびあゆ。 | 2006年7月 7日 (金) 23時18分

そうだね。
子供を大きくするって
難しい時代だから・・・

ママ友はママ友同士にしか
理解しあえないことがあるし、
野郎ではわかんない、気づかないことも
てんこ盛りだろうし・・・

今日、名古屋は曇ってるけど、そっちは星見える?

投稿: 通りすがりの名古屋人 | 2006年7月 7日 (金) 23時54分

もう駄目、アタシ。
3歳の男の子の話。涙腺緩む。

いいじゃない。そこまで優しさが育ってるなら。いいじゃない、そこまで行動が伴ってるなら・・・・。

そんな憧れを抱いてしまう我が家はプチスラム街。とほほ。。。。

その3歳の子には、将来の高倉健像を見ました。

自分、不器用ですからぁ・・・。

投稿: 708 | 2006年7月 8日 (土) 01時42分

いびあゆ。ちゃん>←ここ、ここに「。」が入るんだったんだよな、ごめんーーーん。今、つーか、さっきそっち行った時気が付いたっちゅー、すまん。(謝 
 
いい女って、最終的にはカッコいいとか、男に必死な女じゃねえ。自分の立場を弁えててそれに真っ向かた取り組める女だもんよ、明日のオツトメ、頑張れよ!
 
ああ、気力・体力共に、な?無理せず無駄なく進もうぜ!なー?

投稿: tuma | 2006年7月 8日 (土) 03時18分

名古屋人さん>こっちも曇り。星が見たいなあって、思う。実家って田舎だから、一時間走ると天の川見えるんじゃね?って(笑
 
懐かしくて恋しくて・・・な。
 
女にしか分からないのがあるのと同じに、男にしか分からない出来ない部分もあるんだよな、そんでも、皆、一生懸命やってんだよな。
 
今日は曇りでも、明日は。いや、明後日は、きっと星だって見えるってなモンよ。うん、きっと見える。大丈夫、まだまだ、これから、だもんよ。(笑 
 
って、やべえ、そんなロマンチックな事言われたら、惚れちゃうだろ、マブな野郎に。あっぶねえーな、もう(笑

投稿: tuma | 2006年7月 8日 (土) 03時26分

708さん>もうね、イキナリ、オネエ言葉で、涙腺と共にチガッタ部分も緩んだかと(笑 
 
ま、それでも構わねえよ、ツマ的には、うん。(笑 
 
そだろ?そうだよなあ、相手の心を汲み取るってすっげー偉業を成し遂げてるんだもんよ。思いやりって、相手の立場を自分に持ってくんじゃなくて、自分を相手の立場に持ってく。こりゃすげーよ、って思ってなあ。
 
迷って悩んで、白い石ころ。もうね、お母さんもウルウルでなあ、けどその涙は色んな意味がある涙なんだよなあ、つって、ツマもウルウル。(笑 
 
ああ、今日もプチスラムか(笑
いいじゃねえか、プチで。それが、てんご君の縄張りの印だもんよ。てんご君が、安心して大暴れして大声でアイシテルよ!って、言ってるのが目に見えるじゃんよ。(笑
 
不器用なりにでも、言葉少なくても、本物が育ってれば、いい。って、な。うんうん。

投稿: tuma | 2006年7月 8日 (土) 03時38分

こういっては失礼なのかもしれないけど、普通でいられることの幸せ、よくよくかみしめないといけないよね~。私も決して今がすごくいい状態ではないけどさ。

七夕に仏とそれぞれおねがいごと書いたけど、お互い「母子健康無事安産」「健康第一」「2人(3人?)仲良く」だったの。ありがたいことだわ~。

投稿: ぼのぼの | 2006年7月 8日 (土) 08時00分

号泣した。
ママのツトメに、何も言う事はない。
アタシも頑張る。

セレブな彼女の文句言ってごめんなさい。
人は、色々あるんだった。
忘れちゃいけなかった。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
 
ああ、反省。


投稿: ちゃー | 2006年7月 8日 (土) 08時37分

子供お砂場、ママは井戸端会議。
今度結婚するとしたらまた旦那さんと結婚するかって話になった時、勿論と答えたのは2人だけだった。
その後離婚する人がいたり色々な人生があるんだなって。。。

何故かあの雰囲気本音が出るんだよね。

夫の浮気、病気・・・

子供が小学校に入るとまたしっかりガードして仮面を被る。


アドバイスも無く聞いてあげるだけだけど話している本人は胸の中のドロドロを少しでも吐き出すように・・・話し続ける。

聞いてあげてください。

ツマさんって暖かい人なんだろうな。

聞いて欲しくなっちゃうんだろうな♪

投稿: マミー | 2006年7月 9日 (日) 11時35分

かなりウルウルしちゃったよ・・・
み~んな胸の中に自分じゃどうしようも出来ない思いをかかえて、それぞれのオツトメを果たしているんだね。
あぁ~、自分も頑張らないと!
私、自分のオツトメちゃ~んと果たしてる?って自問自答しました。

投稿: wonder_2006 | 2006年7月 9日 (日) 20時46分

ぼのぼのちゃん>そ、普通に朝起きて食卓で家族とご飯。
 
そして、仕事に出掛けれる。
そんで、会社の門があって。
そんで、帰ると、ご飯とおフロ。
 
そして、あったかい布団で眠れる、あー今はエアコンとか、扇風機とかだけどな。(笑 
 
幸せってのは、その一個一個。
そんで、そこで育てられる守れる何かがある。って事やろな。
 
ぼのぼのちゃーん、今、そのぬくぬくの中で、もうヒト巻きあったかいの巻いて育ててんだぜ。
 
今が決して「すごくいい状態ではない」けれど、それは目指してるモノだな、うん。今は、すごーくいい状態だぜ?一緒に、同じ事願ってる人が居るんだからさ。
 
その願い、叶うよ、きっと!

投稿: tuma | 2006年7月10日 (月) 01時48分

ちゃーちゃ>なーんで?頑張ってんじゃんよ、ママノツトメ。
 
青い目の婿だろ、嫁にはやらないって思う気持ちが、頑張ってる証じゃね?なー?
 
セレブな彼女さ、この話聞いた時、「早くに逝くんだから」とかって影で姑に言うのにも、何かあったんやろなあ、ってな。けど、そこでまた、ツマ反省と勉強だな、つって。
 
ええ、勉強してまっせ。ええ、毎日さ。いやーん、賢くなるじゃね?これ、公園留学だな、うん。

投稿: tuma | 2006年7月10日 (月) 01時52分

マミーさん>不思議とそうなるんだよなあ、本音が出る。なんやろな(笑 
 
ツマに話すってーのはな、ツマが転勤族って知ってるからもあると思う。ロバの耳だよ(笑
 
けど、それがツマの井戸端の井戸だもんよ、言って軽くなんなら、言ったらいいやって、思う。学校入ると子供同士の関係とかあるからやろなあ・・・。なーるー。
 
マミーも聞いてるクチだろな、分かる(笑 ブログもそじゃね?コメ読んでッとそうだもん(笑 
 
聞くって、いいな。反省も勉強も出来て、な。うんうん。

投稿: tuma | 2006年7月10日 (月) 01時57分

ワンダーちゃん>自分じゃどうしようもない、か。そうだよな、どうしようもない、だけど聞いて欲しい、誰かに知ってて欲しい。
 
聞いてる側は頑張ってる事にでも、ただの愚痴にでも、なる色々が本人にとれば大事なコトなんや、って思うし感じる。
 
自問自答か、繰り返しながら歩いてくと、納得した人生、送れそうだよな、ツマも頑張るよ!

投稿: tuma | 2006年7月10日 (月) 01時59分

井戸端ではそんなことが起こってるんだ~。

へ~

ほ~

あたしは、どうも昔から、女性グループっていうのが苦手で・・・。 んでも、友達づきいあいってあるし、いちおう、女の子と一緒に行動することもあったけど、長時間はつらかったんだよなぁ。。。
1対1なら平気なんだけど、群れると苦手。
今なら、ちゃんと井戸端、入っていけるのかな。

ウチのオトウトなんて、小学校に入る前まで「サシスセソ」は「シャシシュセショ」になってましたよ~。でも、ウチの家族、誰も気にしてなかった・・・っていうか、純粋に面白がってた。(あたしだけ?悪い姉だ・・・) なんか、懐かしいな。

投稿: kumiko | 2006年7月10日 (月) 11時19分

くみこちゃん>うーん、学生の時のままで、ツルんでるってのも、あるなあ、確かに。
 
けど、ツマも苦手。
なんちゅーの、トイレ一緒に行くのいいけど、今、出ねえよ?みてーな(笑 買い物いいけど、アタシ、化粧品もだぜ?みてーな。
 
突っ込みと遠慮が、人と違ってたのかもしんねえ(泣 
 
子供生まれたら、なるべく公園行って、色んな交流を計るといい。そこで、また考えさせられたり、振り返ったり出来るハズだからさ。 
 
嫌なヤツも、合わないヤツも居る。けど、そこは軽くスルー出来るだろ、くみこちゃんなら。大丈夫!そのウチ、一対一でお付き合いしたいなって思える友達にまた出会えるんじゃね? な?
 
サシスセソか。多分、気にしてたってのは、周りが言うから本人が、言葉出にくく・・。みてーな悪循環もあるんやろな、多少。
けど、お母さん、一生懸命だったから、気持ち分かるなあって。
 
迷路に入り込まないように、ぼちぼち行かねえと、って、うん、ツマも思った公園留学でしたん。(笑

投稿: tuma | 2006年7月10日 (月) 11時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれのツトメ:

« 愛VS愛 | トップページ | 反芻育児 »