« 2ccの涙 | トップページ | 騙しのテクニック 2 »

2008年2月13日 (水)

騙しのテクニック

 

久しぶりに、ゴールデンタイムの番組を見た。

潜入捜査アリの、「騙されるな」って内容の、アレコレ。

 

騙すってのは、チガウよなあ、って。

騙し騙されの過去を持つ、ツマは思った。

 

10代で、「騙される」って、こーゆー事か、と知った。

 

いわゆる、路上でのキャッチセールス。

ナンパかと思った、馴れ馴れしい口調と作り笑顔。

服装が、ジーンズとポロシャツ&スニーカーだったような。

髪も黒くて、敬遠されそうにもない、安全な雰囲気。

んで、当時ダサダサな、ウエストポーチが印象的だった。

 

  

ねえ、ねえ、彼女ぉ~、どっこ行っくのお~?

さあ?

そんな冷たい事言わずにさ~

・・・

ちょこっと話、話だけ、させて~

・・・

ね?ね?俺、ココらアタリ、知らなくてさ~

・・・

ね?ね!? お願いだからさ~

・・・

 

って、スタスタ無言で視線も合わさず、歩いてる後ろを、ずーっとついてくる。

 

ね、俺、旅行で来たんだけど、オイシイ店とか知ってる?

・・・

え~~、無視ってヒドくない?

・・・

今夜、どこで夕飯食べようか、と思ってさ~

 

 

  

とかナントカ。

今、思い返すと、なんつーのか、すっげ誘導が上手い。

ただ、口が上手いだけじゃなくて、歩いてる間に観察してたんやろな、と。

第一、ご飯食べるトコ聞くのに、

「ねえ、彼女~」 は、ありえへん。

けど、気付かなかった (怒

今なら、一人でベコ飯食っとけ!てめえ! って言うけど  (怒怒

 

 

で。

ご飯屋さんか、それなら、あそこがウマイんだよね、とかって。

あーあー、酒呑むなら、あっちがいいよね、安いし、ベッピン揃ってる、って。

心の声は、すでに、術にハマりまくって。

 

そこって、高くない?

俺、貧乏旅行で、金あんま、持ってないし。

どうせなら、一緒に行こうよ。

あ、奢れないから、ワリカンして~。

 

とかナントカ、言われて。

 

挙句に。

 

で、今、財布に金、幾ら持ってる? 

 

 

って、現金な話に。

そりゃね、立ち話で、(止まった時点で、ロックオンだよな 笑

はあ、かれこれ、1時間近く話してて、和む空気もあったりした気にもなるって。

 

そんで、

 

ねえ、ねえ、そんならさ~

旅行のチケットが余ってんけど、買わない?

海外とかもあるけど、国内も十分使えるし。

  

 

ええ、路上で、

 

 

 

現金、四万円 

 

 

 

 

騙された、って気が付いたのは、当時勤めてた、店に戻ってから。

こうこう、こうで、ああでこうで~~、って話をしてると。

 

おめえ、バカ!それは、キャッチだよ

え?キャッチって何?

  

って、イチから、イケメンの兄さん方に、ぎっちり世の中を教わりました

 

 

 

もヒトツは、飲み逃げ。

これも、同じ頃。

 

男3、女1のグループで、これまた年の頃、20代前半。

(つか、その年代をターゲットにした店で勤務 懐かすいぃ

  

土曜日でかなり混雑した、店の中。

喧騒と煙草の煙と、ガンガン鳴ってる、流行の歌  (トゥナイヤヤヤヤヤ、ディアっ

 

 

初めて見る顔ばっかり四人、席について、一時間半経過

 

Aが、友達と待ち合わせしてる、って席を立つ。

Bが、○○様いらっしゃいますかー、の呼び出しで、店の電話に出る。

(場所、分からないみたいだから、ちょっと電話換わって、って言われる。

 当然、電話を換わって、店の場所を説明する

Cが、女の子が気分悪いみたいだから、外に出てるって、女の子と退場。

残ってんのは、B、ただ一人。

 

そんで、一対一で、くだらない話してた、10分程度

そこで、また電話。

○○様、いらっしゃいますかー、って呼び出しで、

あ、俺、俺、まだ分かんねーのか、とか言いながら、席を立ったのを覚えてる。

そーこーで。

こっから、本番。

 

場所、説明してくれたよねえ?

なんか、アイツら、迷子になってるみたいでー

俺、今から、連れてくるから!

席、二人分、追加して待ってて?

  

笑顔と共に、退場。

 

 

当然、待てど暮らせど戻って来るハズなく、用意したグラス二個は、使われなかった。

  

店長に、イキサツを話すと。

笑って、そりゃ常習だな、授業料だと思え、って、さ。

給料から、差っ引かれた額、三万と、一千円也。

  

勤務してた店は、当時流行の、今で言う、ボーイズバー (パブって言ってたような

従業員は皆、今で言う、イケメン。

女性がお客さんに多かったけど、以外に男性客も多い。

今じゃ考えられない程、従業員のトークが上手かった、バツグンに。

または、兄さん、兄さんって慕われて、いい気分だったのかもしれない。

店は平日でも毎日、伝票30枚切ってた。

従業員、男性8人、女性2人、社員恋愛絶対禁止、(笑 

 

 

ちょっと、盛り上がろうか、って話になった時に。

女のくだらない話でも、オモシロオカシク話せる相手が居る店、って事で。

ニューハーフって言葉が、出始めた頃に全盛で、芸人をライブで見る感覚。

 

そんな店で、気を許してたのかも、しれない。 

だけど、飲み逃げなんて、考えられなかった。

友達と、ワイワイ飲みに来て、従業員目当ての、女性客の品定めでもして。

席が隣なら、案外、いい雰囲気になれたりして、なんてね。

飲みに来る奴らってのは、そんなモンだ、と思ってた。

 

だけど、現実は違った。

 

最初から、強面の兄さんが、金出せ、ゴルァァァ って、来るんじゃねえ。

優しい顔して、猫なで声で、コンニチワ って、来るんやな、って。

爽やかな笑顔で、人当たり良く、落とし穴を掘る。

計画立てて金にする、策略練って、オイシイ思いしよう、ってね。

人懐こい笑顔と、優しい口調を武器にして。

 

 

それから、しばらくの間。

店がハネて、(朝5時とかね 兄さん達と、食べに行っても、飲みに行っても笑えねー。

もう、二度と飲み逃げなんてされるもんか、って、勤務中、神経尖らせて、

ピリピリしまくって、遊びに行った店のカウンターで、突っ伏して寝てたりな。

そんなん、ばっかで、ある日、言われた一言。

 

 

おめえ、水商売、続けたいなら、これを笑える話にしろ。

そんで、騙されたからって、騙し返そうと思うなよ、

色恋あって、騙し騙されのウォータービジネス、だけどな、そりゃまだ早い、まだだ。

おめえが、騙された、カモられた、って思ってんのは、三流以下だ。

騙すってのは、相手に騙されたと、思わせないコトが、騙したって事だ。

 

  

悪徳商法の、テレビ画面を見ながら、思う。

騙された方にも、確かに隙がある。

だけど、騙す方には、センスもロマンスも、情のカケラも無え。

それで騙してるつもりか、ってね。

 

けど、確実に傷付いてる人がいて。

確実に、金は動いて、涙は流れる。

 

騙そうと必死に、セールストークを続ける自分を。

鏡の中で、見た事があるのだろうか。

気付かれないように、懸命に笑顔を作り、口角を吊り上げる自分を。

知っているのだろうか。

マニュアルの流れに添って、受け答えする自分を。

惨めだ、と思わないのだろうか。

 

騙してる、カモってやった、そう思ってやってんなら、大間違い。

所詮、てめえら、偽モンだ、インスタント以下、残飯。

ホンモノなら、騙した相手を傷つけない、騙された事を気付かせない。

てめえらがやってる事は。

欲と、名と、金だ、つまんねえ残飯人生だな。

 

あ、どうやったら、騙されたって相手が気付かないんでしょう? 

なんて、メールに返事はしない。

それも分かんねえようなヤツは、まず素質がねえだろ (笑

 

 

書いてて、長くなったから、二部構成ね、長くてごめん。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 2ccの涙 | トップページ | 騙しのテクニック 2 »