« 無冠の母親へ 2 | トップページ | 開放の烙印 »

2008年2月26日 (火)

ドカジャンママ

 

大阪で、ちょいと出掛けたら。

  

それが店員だろうと、客だろうと。

「大阪のオバちゃん」と話する機会って、絶対ある。

 

服屋の店先で。

 

介護の仕事やーっと決まってんよー。

良かったやんか!

そやねん、ほんでな、今度のトコ、エプロンして行かなあかんねん。

自前でぇ? ケチやな! けど、ほんなら、これ、どうやろ?

そやねん、けどしゃーない、それがなー、黒は、絶対あかんねんて!

は?

相手のオウチに行くやろ? やっぱ縁起悪いからちゃう?

あー、そかそか、ほんなら、これは?

オレンジは派手やろ? ウチ、還暦のが近いねんでえ (笑

いや、まだまだぁ~、ほんなら、こっちは?

ピンクぅ~~? 娘のかって言われるわ!

いや、ええんちゃう? こんぐらいのピンクなら、イケるって!

ほなら、それにしよか・・・ あっ!これええやん!

ほんまやな、黒でもないし・・・どっちか言うと、黄色?

これにしょ!

ええやんええやん! 縁起もええし、派手やないしなあ!

 

 

彼女が迷った挙句選んだエプロンは、

どこがどう、縁起がよいのか判断尽きかねる。

第一、介護の仕事で、オレンジ・ピンクはどうなんだろう。

明るい関係で言うなら、若草色、クリーム色の選択肢はあった。

けれど、数ある選択肢の中から、決定したのは、

会社側の意向を読み取っているような、いないような判断の色。

私が指導責任者ならNG色であるが、大阪オバチャン感性では、

縁起もいいし、派手じゃない色なのか、虎柄

  

 

派手、と言うのは、こちらでは、褒め言葉であることが多い。

 

百貨店のコートバーゲンに出掛けた。

お目当ては、ダウン。

 

 

黒はありきたりだしなあ、カーキってのも、ロングだと、ヒクな。

迷ってるツマのところに、年の頃50代後半のオバチャン店員 (ベテラン風情で

 

黒よりも、こちらのお色の方が、お顔映えしますよ~、で。

白地の全体に、黒のステッチ模様 (全体に斜め入り 

OR

赤に、ミンクのフード付き (ミンクの色は茶色系

体よく断ろうとしたら、

 

やっぱり地味やったかしら?ほんなら、こちらはどうでしょう?

一点ものでああでこうで、そんでこうでここが素敵でしょ~、で、ナントお値段コレです!

 

ナント8万って、ジャーパネットジャパネット、ちゃうやんけ!

ほんで値段は地味ちゃうし、ボケ(怒

大体、なんで赤やねん、ほんでなんで白やねん、目出度すぎるわ!(心の声

 

  

小学校低学年の子供と母親が、スーパーのインスタント麺のコーナーにて。

 

「アンタ、ウロウロせぇへんって約束したやろ!」

「ドコ行っててんよ!ええ加減にしいや!」 と周囲を気にもせず、怒声。

一発芸?の「欧米か!」 を披露している子供から、その商品を取り上げるや否や、

「あほ! 欧米ちゃうわ! どんべえや!」 で、ゲンコツ。

 

漫才のネタで同じ話を聞いたような気もするが、現実である。

子供は泣くでなし、周囲も気の毒がるでなし。

母親の、

「こんなん、買わへん、うどんで上等や!」 の一言で、どんべえは棚に返却。

大阪の子供は、こうして成長するんだよなあ、「産まれた時から」 と、実感。

 

 

大阪は笑いの原点だ、と、よく聞く。

それは、モチロン、「吉本」の力も大きかろうが。

それを違和感なく受け容れる、民衆の力も大きいと思う。

違和感なく、の原点は、格差による。

格差があるからこそ、笑いで越える。

商売の厳しさを知っているから、コミュニケーションに力を入れる。

それらを、幼少の頃から叩き込まれて(モチロン、母親に 成長する。

 

アイツと俺、ちゃうねん。

それがどうした、文句があるか~♪ てな精神で。

 

コレ買って~を目論み、芸を披露しつつ、母親の機嫌を取ろうとし大敗。

しかも母親から、もっと上手なツッコミとゲンコツが、入れられる。

大手お笑いプロダクションと、民衆の器の相乗効果で、ますます発展を遂げる。

 

  

橋下知事。

小学校の、1クラス35人編成を、40人編成にすれば、30億やり繰り出来るって、

言いながら視察に行って、「難しいと判断しました」 と、撤回。

大阪のハコモノ文化を必要ない、と言い切って。

取り壊しだか、再生だか言って総スカン食らってますけど。

 

 

まず、第一に。 

企業ってのも、民衆ってのも同じだから。

民衆の力で再生を目指すなら、企業の力をまず、見直せ。

ハコモノが、ああだこうだ、の前に、活かし方を検討させろ。

 

あなたに一票を投じた民衆は。

政治家としてのあなたに、期待を寄せたんじゃねえ

 

なぜ、投票率が上がり、独占首位だったのか。

なぜ、知名度で当選した、と言われているのか。

現場を、現実を知れば知るほど、分かるはず。

 

民衆の一員だからこそ、当選し、政治家になった。

それだけの事じゃね?

 

政治家になった、だから、ああでこうで、こうしてこうする。

そんなん、民衆はあなたに期待してない。

民衆の目からみた大阪で、民衆の政治を行って欲しいからだろ。

一人は皆のために、皆は一人のために。

 

今が、試される時。

試練とも言える時期だけど、勝ち組のあなたに、負け組を知って欲しい。

その位置にいるのだから、知ろうとすれば知れるはず。

 

ツッコミとボケで育ってないですから、って言うなら。

遠慮しなくていい、チャリで商店街でも、走ってみたら?

怖がらなくていい、どこかで大阪のオバチャンと話してみなって。

あ、その際にはネクタイ脱用で、ジーパン可、ね。

深いぞ?大阪は。

 

ああ、ちなみにツマのコートですが。

タイトル通り、今年はオットのドカジャンで。

そう、現場に来ていくアレね、現場が一番似合ってるから (笑

 

 

 

ドカジャンが、似合うのは。
現場で汗かいてるヤツと。

アンジェリーナ・ジョリーか、ツマって話だろ。

にほんブログ村 家族ブログへ  現在 家庭・家族で、18位 

 

 

|

« 無冠の母親へ 2 | トップページ | 開放の烙印 »

コメント

どかジャンは、暖かくて機能的です♪

まぁ府知事さんも色々なしがらみの凄さに、どん引きしてるところなんでしょうかね?

とにかく、言っちゃって、撤回しての話題しか聞こえてこないんですが・・・(滝汗)

でも、そんなに結論を急がなくても・・・って、そんな時間ないくらい追い込まれてるんですよねぇ(苦笑)

投稿: 通りすがりの名古屋人 | 2008年2月27日 (水) 09時08分

いるって、どかジャンの底力を知っとる輩がここにも。
超、あったかいよね。
とくに、襟。最高だよね。
 
虎柄を派手でないという感性は、ご立派。
それだけ日常的な事に対しても、全て体当たりでこなしてますって感じだ。
頭下がるよね、本当。
世知辛い世の中も、大阪気質を持ち込めば、
少なくとも孤独死の数が大幅に減りそう。
 
知事なぁ…
本人も内心凹んでんじゃないかなあ。
なにしろ選んでくれた民衆が味方で、敵でもあるっつーんだから。
ただ、どの政治に絡む人も同じだけど、
1つ高い目線から世の中変えようって思ったって無理だよね。
地に足つけて、それこそクソ底辺から根こそぎやんなきゃぁ。
切り捨てても可ってもんを安易に切り捨ててるから、結構
世の中って変わらないんだけどね。
足引っ張るのは、その底辺で、床を持ち上げてるのもやっぱり
その底辺なんだからさ。
 
なんつって。
誰だよお前、お前が立候補しろよって?
いやいや、アタシはこのまま底辺で。
 
むーん。
 

投稿: ちゃー | 2008年2月27日 (水) 12時52分

ドカジャンなつかしっ!
カーキかい?

投稿: クミ | 2008年2月28日 (木) 15時48分

名古屋人さん>
ちゃーちゃ>
クミさん>
 
そう機能的、これ一番。
 
暖かくて、洗濯耐久率も高め。
そして何より、「汚れてむも気にならない」
あんなに襟やら袖口やら温かくて、そんで、締まってて風を通さない衣服なのに、クリーニング必要無し!
 
・・・やっぱりね、若いとき良いモン着てたから、そのツケが。(見た目のツケは回ってんね、確実に(笑 だけど、作業着ってさあ、別の意味で着てた時にも思ったけど、楽なんだよね体を動かすのに、一番。
 
心が窮屈な分、体は締め付け無しで!って事でね、ええ、ええ(笑
 
 
 
そんで、知事だけども・・・・。
凹んでる様子なのかなあ、新聞だと予算だなんだって連日賑わせてるけども、もう、ちゃーちゃが言うとおりで「切り捨てる」は何も変わらないのと同じなんだから、ってね。
 
そんじゃ切り捨てられた人の行く場所は?って話で、新しい器作って、ってね、切り捨てってのは消費と同じだから。
 
そこを現場で分からないと机上のナントカじゃ理解しにくいと思うんだよね。
 
 
皆、縁の下の力持ちでいいじゃーん。
いや、ツマも立候補なんぞしたくねえし、ドカジャンの色は負荷緑、いや深緑だしね(笑
 
んー、真っ赤なドカジャン売ってたら来年用に備えようかなあ・・・(真剣

投稿: tuma | 2008年2月29日 (金) 17時29分

真っ赤?
真っ赤ってねえさん…。
還暦じゃあるまいし。
 
心は60ババァなんて誰も言ってないよ?
言ってないよ?
 
(たまに書いてるけど…
 
あ、あ、ごめんなさい
アタシも20代に40ババァと言われてました。

投稿: ちゃー | 2008年3月 1日 (土) 00時33分

ちゃーちゃ>ありがとう!グッジョブ!
 
いや、60だとゴールドだな。
うーん、それまで無事故無違反だといいけどね、そう人生の運転免許(っぷ
 

投稿: tuma | 2008年3月 2日 (日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無冠の母親へ 2 | トップページ | 開放の烙印 »