« 分水嶺 | トップページ | オーラ勝負 »

2012年5月10日 (木)

世間的な尺で・・・

いま、ぶっちゃけ。

悩んでいる事を書く。

 

息子関連は当然ツトメで、これ日々更新って感じでダイジョブ。

そっちじゃなく、なんてーのか、人生において、の設計図?

設計なんてこたー、電光石火で数々の修羅場潜り抜けてきた自分が。

いうとは、思わへんかった、けど、すでに四十路(

 

ゴール地点の土地と石はおいといて。

うん、おいといて、よ?

 

まずヒトツめは。

家建てようとか思ってるんだよ。

そう、マイホームね、世間的に言うと。

 

オットの実家の市内になるけど、なんつーか、ローンの年齢がリミットてのもある。

で、オットの実家とは縁切り状態のまま、すでに10年経過となっていますが。

もう、オットの実家だろうと、どこだろうと、建てたい欲求でムラムラしています。

 

そんで、もう一件の相談。

こっちメインね、まずオットは反対すると思うんだけど・・・、

いや、反対するだろうから、まずこっちで、つか、ね?

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

子ども?

 

 

 

いやいやいやいやいやいや、もう、レスになって、丸々3年?かな。

息子と一緒に三人で、お風呂に入ったりはよくしてるんだけど。

そうそうそうそう、してるんだけど、しないのよ、そうそうそうそんな感じ。

 

 

・・・この状況で、この心境。

分かってもらえるだろうか、皆の衆。

 

 

四十路過ぎると、急に妊娠率だとか、下がるって。

んで、流産とかね、増えるって。

息子の次に、一人、いたんだよ。

 

1年半?2年?ぶりくらいにして、出来たんだよね。

(すげー、的中率じゃね? 一回で、はい、御懐妊だよ?

だけど、その子、お腹の中で心臓止まっちゃってて。

 

記事に書いたと・・・。

(自分のブログを今すげえ久しぶりで調べましたよ

 

 

いや、でね、でね、それで。

・・・ホント、なんか恐くって。

作るのはいいんだよ、作るときに、愛してくれないから、とか。

なんつーの?

愛し合った結果の子どもで云々だとか、そこは四十路なんで、もういらねー。

早い話が子どもが欲しい、じゃ、天井の節穴でも数えとくか、みたいなー。

そこまでに行き着くアレコレの、なんつーか、労わりとか思いやりとか。

本来なら一番繊細で大事な感覚は、もう三十路で終了

(この辺りの感覚は、常人には理解出来ないと思われるが、勘弁して下さい。

 

そんで、そこは何年イタシテなかろうが、クリア出来ると思われるんだけれども。

うーん、クリアするのも関所だけども、精神的に峠ではない予定なんだよね。

オットも男だからね。(はあ、ここらも鬼の所業だと思って勘弁してk・・・

その先ね、その先が不安要素なワケよ。

 

足し算すっとさ、作って産んで(ストレートで生まれたとしてよ?

子どもが成人式で、アタシ60越え・・・

ここ、これがね?ぶっちゃけ、どう思う?

 

体力的に、子育て無理ってのも、ある。

一からやり直しだし、一人っ子を二人育てるようなモンだしな。

へその緒から初めて、夜中の授乳や離乳食、また、作るんだぜ?

そうそう、それから、ここ大事。

今度は万一があってもなくても。

”オットに期待せず”ってのを要綱に盛り込んで、と。

だけど、種はオットのじゃないと、意味ねえから。

いや、家族だろう。

このクソ、ばかやろう、って思っていても。

だけど、家族になってる途中やから。

ここで、他の男の種なんて話じゃ、ちゃんちゃらおかしーじゃね?

てか、惚れた男の種ならともかくも、惚れたい男もいねーし。

ま、その場合、オットとは即離婚で、即妊娠だけど(まさしく、リーソクツモ やな

 

 

 

で、こんなツマが考える事だから、って意味で。

世間的に見て、どうなんだろう、と。

 

 

ネットなんかで見る限りは。

四十路でも諦めない!とか、最後の最後のチャンス!なんてね。

結構、産んでる、産みたい人って感じの記事が出てくるんだけれども。

 

頑張ってる人じゃなく、頑張ってない人の意見として。

 

四十路で、産んだってよ!? って、客観的にみた意見が欲しい。

(すんなり産める予定で書きなぐってますが、実際は病院行ってもない、
 その妊娠すら出来る体なのか全く不明な状態で書いてます、はい

 

そして、今回の心情に至った経緯として。

娘との再会とか、そういった部分も大きい。

安心して、アタシの根を下ろしていいんだよね、つかね。

なんていうんだろうか・・・、

孫が生まれたってのに、自分が妊婦になる計画かよ、って。

もう、三流週刊誌、私自身の記事みたいな人生になってますが。

だけど世間的に、なんか常識ある皆様の角度をもってすると。

 

ヲイヲイ、ツマさん、やめときなよ、って。

なんか歯に衣着せず、スッパリ言ってくれるかな、と。

 

止められたいワケでもないし、背中を押して欲しい、って気分でもない。

だけど、一般的に見て、どうなんだろう、と。

 

そう、一般人に溶け込む努力を、これでもしているツマとしては。

世間的な尺が、今だよく理解出来ておらず、困っていて。

 

ツマの友人が、もし、同級生とかでね?

もう一人、頑張りたいんだー、なんて話をふってくれたら。

おお!頑張れよって、世間が何て言っても味方するつもりで言うんだけど。

それ、自分が夜中に起きて授乳しねえから。

んで、上の子と7年間開いてねえから。

それに、レスじゃねえだろう、その友人は、って話でね?

 

決してリアルで相談できるような内容でもないし。

でも、可能なら、可能なら、もう一人、自分の命を分けた子を。

産みたいなあ、そんで、育てたいなあ、と切実に考えたりしてる。

 

やっぱ、あれかね?また無謀?
世間的な尺、全く分かってねえかな?

アタシ一人の人生なら、バンバン産むんだけども・・・ 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

|

« 分水嶺 | トップページ | オーラ勝負 »

コメント

ぶっちゃけ・・・

金が120%何とかなるのなら、

建てるべし!だし・・・

兄弟必要だと思う。

子供が成人式、両親70近辺って、最近の晩婚化では、あたり前だのクラッカー(昭和風)になりつつあるんじゃないのかな。

最終的には、愛情だとか何とかいう脳味噌バラ色の人いっぱい居るけど、金だ(下世話だけど)
金に余裕があれば、ある程度の不安要素は消えるのは、間違いないからw

投稿: 通りすがりの名古屋人 | 2012年5月11日 (金) 08時50分

こんにちは。
今日は寒いです。
あまりに寒くてストーブ焚いてます。さて。

住宅については
  安定の錘にもなる。
けど、
  足かせにもなる。
でも、金さえあれば足かせは外せるよ。


メインの方は、どうなんだろう。
んーこちらの方こそ私は、
金さえあれば大丈夫じゃない?と思ってしまいます。
ですがこうして言葉を交わす相手なら、
やはりそれだけじゃなく心配にも感じます。
止めなよとは言うつもりはないけれど
もし友達が隣に座って言ったなら
それって、大丈夫なの?って聞くと思います。
生活。家計。兄弟の心身ともの健康について考えての上での
発言かい?と聞くと思います。
万が一の覚悟は持てるのか?
そして遠い未来についてを考えているの?とたずねます。
私は結局どっちがいいんじゃないと言えないだろうと思います。
そんで、やっぱりその心配もお金があれば結構な割合解決するだろうなぁって
ぼんやりとですが感じますね。
何度も考えたんですが、うまく文字に出来なかったです。
自分が、どう思っているかも上手く掴めなかった感じがします。

投稿: みぃ♪ | 2012年5月12日 (土) 13時41分

世間の尺がわからない私が来ましたよ。

赤いフォントで入れた所を拾い読みすると、欲してるものがわかる気がするよ。
あのふわふわ髪の赤ちゃんだった娘も、やっと我が胸に戻ってこれたね。
懐かしいんでしょう、抱きしめたいんでしょう。
今度はそんな彼女がお母さんになって、まだ幼い子がいる自分と一緒になったね。
今度は同じ女同士、違う絆で結ばれるといいね。


家が欲しい子供が欲しいって考える心境はどういう所からなんだろう。
幸せ感から来るのかな?幸せに包まれてるという象徴なのかな。
もしそうなら、良かったなぁとしみじみ思うよ。

文中、「安心してアタシの根を下ろしていいんだよね」って、書いたわね?
「安心してアタシの根」って書きましたね?
……………。

頑張ったなあ
アタシはねえ、ねーちゃんを誇りに思うよ。
ここ25年くらい、実は細腕の女の癖によーく頑張ったもんだよ。
しみじみそう思うよ。
(褒めてんだよ!

家は、場所選んで建てればいいよ。
ここは自分のファミリーの匂いがする!って感じる所にしなよ絶対。根を下ろすんだから。
大丈夫、オットの実家は。なんとかなるよきっと。

子供は、うーん。
なんとも言えないな。アタシも世間の尺ってよくわかってないから。

でもね、欲しいのは新たな赤ちゃんじゃなくて、
実はフワフワの髪の毛だったって事にならんようにね。
取り戻せ切れないから、自分でなんとかしてみましたっていうのは、無しだよ?
 

しかし。
ねーちゃんも私も、年取ったね。
心が。
あははははは

求められているコメントとしては、随分意向がずれましたな。
でももし、そうなるならそうなったで、結果何とかしちゃうんだから
どう転んでもどう登っても大丈夫じゃん。
っていうか、大丈夫だよ、ねーちゃん。


投稿: ちゃー | 2012年5月14日 (月) 17時45分

名古屋人さん>そうだね、経済的余裕か。万一、離婚しても、そこ大事だね。
って、妊娠の話だろうに(苦笑
 
でも、生活の安定って恋愛の醍醐味の対極だから。下世話な話じゃなく、現実だね。うん。

投稿: tuma | 2012年5月23日 (水) 12時32分

みぃさん>生活についての経済的な要素はオットが元気で働いている限り、大丈夫。
だけど、遠い未来なんだよね、考えるのは。
 
無事、出産できるのは出来るような気もしてる。それは当然、医療に頼っての出産だけど、そこから育てるってのが、大変かな、と思うわけで。そうだね、遠い未来をもう一度考えるとしよう・・・。

投稿: tuma | 2012年5月23日 (水) 12時35分

ちゃー>うん、取り戻すための命がけ高齢出産じゃないんだけど、なんてのかな。
最近になって育てるって、自分の足跡、残せてるかなー、なんて客観的に息子を見ていられる自分が出てきてさ。
 
オットを育てるのも「育てる」んだけど、これは、もう、腹括る自分育てな日常。
 
だけど、もう一個、アタシの遺伝子、残しとくか、みたいなね?それが発端つか。
いやでも、やっぱ、ほんわかな赤子がただ、欲しいだけなのかもしれんし。
 
むーん、血迷ってんなあ。(苦笑

投稿: tuma | 2012年5月23日 (水) 12時39分

ども!
たどりつきました!
お元気そうで何よりです!!

子供は、ツマさん覚悟がある上で言ってるんだろうから、
もう一人いてもいいんじゃない。

授かったらそれこそラッキー。
二人目は、余裕があるからかわいいと思う暇がたくさんあるよ~。
ほんで、二人目いると、も一人欲しくなる(笑)

ただ、6年空いた私の感想としては、
6年前のようにゃ、体がついていかねーって感じでしたけど(笑)

歳とりましたよ。はい。

赤ちゃん、私にも抱っこさせてくれ~。


家は、そだな。
どっちでもいいと思う。
無責任?
自分の家、手に入れても、
たぶん、それは、本当に欲しいものじゃないかも。
わたしは、そうだったけど、そうじゃない人もいるだろうから。
つまさんは、どうだろ。

投稿: イオク | 2012年6月 3日 (日) 00時22分

イオクさん>ご無沙汰した。
 
ホンット、こちらこそ迷子期間長くて。
ごめんね。
 
授かったら、そうだね。
授かったら、本当に奇跡やんなあ。
年齢的にも、肉体的にも。
 
そう、授かりさえしたら、可愛がって可愛がって、って思うねんけど、息子が。
息子と同じくらい可愛くて大切な存在がもう一人この世の中に、って・・・。

それを考えると、奇跡や、と実感。
 
家は、そうやな。
うん、肝心なのは中身やから。
手に入っても入らなくても、やな。
宝くじと同じやもん。
やっぱ、家よか、子ども、だなあ・・・。
むーん。

投稿: tuma | 2012年6月 9日 (土) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分水嶺 | トップページ | オーラ勝負 »